Monthly Archives : Mar, 2013

TOUAREG 岡崎裕司さん

SONY DSC

TOUAREG 岡崎裕司さん。立体造形作家。アンティークアルルの入居する西宿ビルにはちょっとした家庭菜園があり、住人たちが気ままに使っています。ある日ネギが植わっていたり、突然収穫されていたり。元気の無くなった植物たちがリハビリに来ていたり。その菜園には立体造形作家 岡崎さんの作品が無造作に置かれています。

かれのアトリエはその菜園のちょうど裏手にあって、それこそ気ままに突き刺したり、ぶら下げたり。カフェのお仕事をしていると、作家さんやアーティストさんに接する機会もあるのですが、彼ほど自然体なアーティストに出会ったのは初めてで新鮮でした。忙しい忙しいと言いながら、左手にグローブをはめていたり。現場で大変なはずなのに、しっかりと各地の美味しいモノを住人の為に持って帰ってくれたり。普段はあまり西宿ビルには行けないのですが、久しぶりに訪れて、彼がいなかったりすると、少しさびしい気持ちになります。そんな時は、裏手に回って、「ふーん」と見渡すのです。