blackbird books

点が集まって一つのエンになるんだな、と感じた最高に素敵な夜でした。
始まりはなんとなく、オーナーと話をしながら。
「もう10年以上やってるんですね」
「何かやりたいな」
「ウチも1年ですよ」
「誰か呼んでよ」
「誰?」
「bonobosとか」

なんでbonobos、と思いながらも想像出来たんです。
あの三人がお店で演奏しながらそれを取り囲むみんなの姿が。
コンタクトを取ってみると早速ドラムの辻さんから電話があって
「素敵なお店ですね。是非やりましょう」と。
日取りも決まって、開催まで一ヶ月。ドタバタとバンドやお店のスタッフと何度もやり取りしながらあっという間に当日に。

徹夜明けのスタッフも一緒になりながら会場セッティング、バンドが到着して機材搬入、
ステージ準備、あれやこれやと開場の時間。
続々と入場するお客様を迎えながら素敵な夜になりそうだなと思いました。

ライブが始まって本当にその通りに。

「楽しい夜にしましょう」と言って頂いたように10周年を祝福してくれるステージで、
bonobosの持つポジティブなウェーブがお店いっぱいに広がりました。

中心にいる三人、音響さん、たくさん手伝ってくれたマネージャーさん、早くから来て座って待っていたファンの方、お祝いに花束を持って来てくれた方、

狭い所で立ち見で囲んでくれた方々、友人や恋人や家族とその子どもたち、
カウンターやキッチンから見守るスタッフ、お店の関係者や取引先の方々、みんなが笑顔。個人的にも嬉しい出会いがあって忘れられない夜になりました。

全ては10年以上も続くこのお店があってこそ。
10周年本当におめでとうございます。

また、こんな素敵なイベントに関わらせて頂いて本当に感謝しております。
Neu.caféの皆様、bonobosさん、そして何よりご来場頂いたお客様、
ありがとうございました。

blackbird books
吉川祥一郎
(元スタッフ代表)

20131211-021650.jpg