ギンガ

20130906-212518.jpg

お店にある本の紹介です。

山本精一 ギンガ

15年位前に買った本なので、

内容はあまり憶えてなくて、でも何故か気になって再読。

20代の頃の些細な事に反応する感覚を思い出しながら山本さんの感性に憧れを。

と、ここ迄は余裕があったのだけど、
結構、胸を刺す様な内容も。

いいたい事を言う為には、何も言わない事から始めていく
とか、、、

「無言」とは、立派に言葉の代わりになる。とか。

同じように反応するなんて
なんだ、自分は20代の頃から何も変わってないじゃないか。